エロシーン に関連する記事

逆転大奥~想ひ淫れて~6日目 ~淫らな指導~

淫らな指導 翌日――。 政務を終わらせた私の元へ、険しい顔をした信親様がやって来ました。ギク・・・ 穂積 「昨夜、相馬の誘いを断ったそうですね。」 昨日の今日なのに、もう情報が出回っているなんて恐ろしいな、なんて思いなが ...

逆転大奥~想ひ淫れて~4日目 ~初めての触れ合い~

初めての触れ合い 翌日――。 信親様に昨夜のことを尋ねられて、恥ずかしながらも私は、何もなかった、と素直に答えました。 けれど藤丸は、貫くべき自分の道をもっていて、とても素敵な人だとお伝えしました。 そして、「これからも ...

秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~13日目 ~誰にも渡さない~

誰にも渡さない ホテルに戻ると、さっきまで優しかった一樹さんが嘘だったかのように、元の冷たい彼に戻っていました。 一樹 「いいか、よく聞け。お前がどこで何をしようと、常に監視されているということを忘れるな」 冷たい口調で ...

秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~12日目 ~声を抑えろ~

声を抑えろ 高級ブティックで一樹さんと押し問答していると、ふと素敵なワンピースが目に入りました。 そんな私に気付いた一樹さんは、試着してみろ、と言って半ば強引に、私を試着室に追いやります。 一樹 「終わったか?」 雨咲  ...

秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~8日目 ~奴隷~

奴隷 「ここは・・・ポーカーですか?」 「記憶はなくてもポーカーはわかるのか」 ドSな上に、イヤミな一樹さんです。 「お前はここに座って見てろ。全額賭ける」 「ぜっ全額!?」 「いいから黙って見てろ」 自信満々に全額を賭 ...

秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~6日目 ~調べてやるよ~

調べてやるよ 「・・・、ん・・・?」 眠りに落ちた深夜、私は人の気配を感じましたが、疲れのせいか瞼が開きません。 「柊・・・さん・・・?」 起き上がって確認しようとすると――― 「静かにしろ」 両手をベッドに縫い付けられ ...

おいらん乙女~宇佐川さま編~7日目 ~舐め取れ~

俺の好み 数日も経たないうちに、宇佐川様はまたお店にやって来てくれました。 「よう。来てやったぜ。」 宇佐川様、安定の上から目線です。うふ そして今日は、その手に大きな包を抱えています。 「あの、お荷物重くありませんか? ...

おいらん乙女~宇佐川さま編~6日目 ~煽ってみろよ~

煽ってみろよ 着物の上から身体を撫でられて、私はつい先日のことを思い出してしまいます。 宇佐川様は、そんな私の内心を見透かすように・・・ 「その顔からすると・・・、ずっと待ってたって感じだな?」 「そ、そういうわけでは・ ...

おいらん乙女~宇佐川さま編~5日目 ~弄ばれて~

お手本 「手本を見せてやる。」 私のお酌が下手すぎるということで、宇佐川様がお手本を見せてくださることになりました。 「詳しくは教えてやらねえから、自分で見て盗めよ。」 しずしずと歩み寄る宇佐川様は、しとやかな女性の空気 ...

おいらん乙女~宇佐川さま編~3日目 ~平常心~

平常心 「『伝説の花魁』なら、芸事のいくつかは仕込まれてるはずだな?何でもいい、見せてみろ。」 「では、囲碁を一局、お相手いただけますか?」 私はアニ◯ル浜口さんばりの気合いを入れて宇佐川様との勝負に臨んだものの――。 ...

Ranking

Category

Tag Cloud

Archive