終天のトロイメライ1日目 ~はじまりの場所~

――私は、一つも諦めたくない
貴方も、この国も、守ってみせる。

百年戦争時期の中世ヨーロッパを舞台に、現代からタイムスリップした主人公が、そこで出逢った大切な人を守るために戦う恋愛ストーリー

 

新種(?)の乙女ゲーム”終天のトロイメライ”を本日より、はじめていきたいと思います。

何が新しいのかというと、こちらの乙女ゲーム、どうやら恋愛ストーリークイズゲームが楽しめるアドベンチャーゲームになっているらしいのです。

クイズバトル形式のクエストを進めていくと、ボイス付き恋愛ストーリーを読むことができるのだそう。。RPGゲームのような感じかな?

とにかく、百聞は一見にしかず、です。ああだこうだ言っていないで、チャチャッと始めちゃいましょう。

 

ゲームをスタートするやいなや、”名前登録”画面が表示されました。

名前登録

毎度おなじみの”明井 宇沙姫(あかい うさぎ)”です。苗字、名前、とあったので、とりあえず日本人風の名前にしておきました。

なんだか今後、戦いがありそうなニオイがプンプンしていたので、ちょっと強そうに見える字をセレクトしておきました。

 

はじまりの場所


今年の春、私は大学生になった。今は友人達と一緒にフランスのパリに来ている。

「早く行かないと置いていくよ」

一緒に来た司に呼ばれ、振り返る。司の元へ歩き出そうとした時・・・。

ふいにひどい眩暈がして、頭をかかえる。

司登場

「宇沙姫!」

――――――――――――

顔を上げると、そこは今までいた広場とは全く違う場所だった。

殺風景で平原が続いている。私は辺りを見回そうとした。

ジャン登場

「そこで何をしているんだい?」

声を掛けられ、振り向いた先にいたのは、金髪の青年。馬に乗り槍を持っている。

ジャン、先頭から離れないでください」

ぽかんと目の前の青年を見ていると、別の足音と声が聞こえてきた。

「ん?どうして女性がこのような場所にいるのですか?」

(私にだって、どうしてこの場所にいるのか分からない・・・)

ジルとライル登場

ジルが怖いから怯えてるんじゃない?」

ジルと呼ばれた青年の後ろから快活な少年が顔を出した。

「どちらにしてもここに一人でいるのは危険だよ。一先ず、僕らの隠れ家に移動しよう」

金髪の青年が馬から降り、私に手を差し出した

(この人達について行って大丈夫なのかな?当たり前のように武器を持っているし・・・危ない人達なんじゃ・・・)

背筋を震わせた私は勢いよく駈け出した。

 

戦場


しばらく行くと、向こうに人影が見えた。

「すみません!向こうに武器を持った人達が・・・」

体格のいい男が自分の身の丈ほどある大剣を肩に乗せる。

(え・・・。この人も・・・?)

後ずさると、後ろから両肩を掴まれた。

エドワードとチェスター

「ねえ、この子誰?エドワードの愛人?」

「んなわけないだろうが。会ったこともねぇ」

「それならフランス軍のスパイかな。向こうからきたみたいだし」

目の前から冷たい視線が向けられる。

(ここも危ない・・・)

どれだけ走っただろうか。恐怖を振り切るように走り続けていると、再び人影を発見した。

目を凝らしながら、物陰からそっと顔を出す。すると、一番近くにいた男性がこちらを振り返った。

「おい!そこで何をしている!?」

(見つかった・・・!)

どうしようかと考えている間に、男性が近づいて来た。

「さっき武器を持っている人を見て・・・逃げてきたんです」

武器など持っているのが当然だろう。ここは戦場なのだから・・・」

「せ、戦場!?」

ジークとリヒト

ジーク様。どうなさいましたか?」(ちなみに、寝てる方がジーク様です)

抑揚の少ない話し声と共に、一人の男性が顔を出した。

「頭のおかしい女を見つけた」

ファウスト

「おいおい、いきなりそんな言い方は可哀想だろう、なあ?」

最後に現れた男性は他の二人と違い、親しげに笑いかけてくれる

(でも、何だろう。見定めるみたいに見られている気が・・・

男性三人に見下ろされているからだろうか、妙な威圧感に、背筋が震える。結局、そこでも状況を把握することが出来ず、私は駆け出すことになった。

 

過去の世界


その後も話を聞けそうな人には出会えず、あてもなく歩き続けた。

すると―――

目の前に、小さな生き物が現れた。

小さな生き物

「君、まだ今の状況が全く分かっていないんだね」

(えっ・・・喋った・・・!?ううん、それより・・・)

「あなた、今のこのおかしな状況を説明してくれるの?」

・・・ということで、彼がこの世界のシステムを説明してくれます。

**********

ここは主人公が元いた世界の過去に当たる世界。どうやらタイムスリップしてしまったみたい。

元の世界に帰るには、歴史を変える必要があるという。

今、フランスイングランドローマ帝国の三カ国は、危うい中で均衡を保っている。

そして、フランスとイングランドは激しく対立していて、ローマで暮らすヴァンパイアには種族の違いという問題があるという。

**********

「詳しいことはどこかの国へ行って聞いてみて」

小さな生き物はそう言って私に背を向ける。

「ま、待ってよ!それだけじゃ何をしたらいいのか・・・」

「それは、いずれかの国へ行って君自身が考えて

 

戦い方


えっ、マジ?!これから、どうしたらいいの?と、思いながら、先へ進めると、さっきの意味不明の生き物、クロネコのヤマトくん(勝手に命名)が出てきてくれました。

説明

そして、さっきよりも詳しい説明をしてくれます。(・・・というか、さっきのは説明なのか?ww)

まず、”ワールドMAP”(上図)というのがあって、その中の目的地をタップすると、”クエストMAP”(下図)に入ることが出来るそうです。

クエストMAP

クエストMAP”の中は、なんだかスゴロクのようになっていて、マスをタップして進んでいくらしいのですが・・・

途中で敵に遭遇すると、どうやらクイズが始まるようです。

敵に遭遇

クイズに正解すると、敵に攻撃を与えることが出来て、それを繰り返すことによって、敵を倒していく、という流れのようです。

マスを進めていくと、道中でアイテムをゲットしたり、敵を倒してクリアすると、キャラクターがレベルアップしたり、アドベンチャーゲームといった様相を呈しています。

まさに、乙女ゲームに、ロールプレイングゲームの要素が加味された、新感覚の乙女ゲームですね。

RPGなんて、本当に久しぶりです。久しぶり過ぎて、まだちょっと慣れませんが、ワクワク心は隠しきれません。

Ranking

Category

Tag Cloud

Archive