イケメン幕末◆運命の恋20日目 ~幸せなのに~

こんにちは。

今回は、「今夜は、お前と共に過ごしたい」の続編です。

上記は、前回のケイキさんの言葉です。ちょっと古くさい言い回しですが、ケイキさんは昔の方なので、そこは勘弁してあげましょうww

それにしても、”イケメン幕末◆運命の恋”は、R18ではありませんが、もしかしたらちょっとしたラブシーンがあるのかも・・・、とちょっと期待してしまう私。

 

幸せなのに


耳元でささやくケイキさんの手が帯にかかり、ゆっくりと解いていく

見つめ返す

(ケイキさん・・・)

見つめ返す”私に小さく微笑み、ケイキさんが頬に口づけを一つ落とす。

「お前から目をそらせなくなるな・・・」

やがて繰り返される口づけに息が上がり、私は思わず顔を背けた。

そしてケイキさんの手が素肌をたどり、胸元にも口づけられる。

「んっ・・・」

甘い声がこぼれてしまい、私は慌てて手の甲で唇をふさいだ。

すると気づいたケイキさんが身体を起こし、息をつく。

なぜ押さえているんだ

「なぜ押さえているんだ」

はだけた自分の着物を脱ぎながら、ケイキさんが私の手首を掴む。

そしてそっと、唇にかかった手を離した。

「言っただろう。お前が欲しいと・・・・・・声も、熱も、肌の感触も・・・全て」

「・・・・・・っ」

ケイキさんの背中に回した腕に力を込めながらも、思う。

こんなにも、幸せなのに・・・・・・

目尻からはがこぼれていった

 

好機と嫌な風


羽咲が目覚めた頃、早朝の屯所はざわめきに満ちていた。

「捕らえた攘夷派が自白したらしいぞ」

「ああ。土方さんの厳しい取り調べにとうとう屈したようだが・・・」

隊士たちは口々に噂をすると、目を輝かせている

そんな屯所の中で、隊長たちの集まる大座敷だけが静かだった。

鬼の副長の名が、また広まりそうですね」

沖田が面白そうに目を細め、土方へと笑みを向けていた。

頭をかく土方が、近藤を見やる。

「近藤さん、この好機を逃す手はねえよ」

新撰組の名をあげる

「ああ、わかってる。ここで新撰組の名を、あげるぞ

近藤は頷き、そしてゆっくりと座敷を見回した。

――――――――――――

それと、ちょうど同じ頃・・・―。

部屋にある地球儀を回していた龍馬が、ふと手を止め、窓辺へと向かう。

「龍馬、どうした」

気づいた桂が、龍馬の横顔に声をかけた。

本を読む大久保が顔を上げると、窓辺に顔を出す龍馬が呟いた。

嫌な風

「最近、嫌な風が吹いてんな・・・・・・」

「・・・・・・龍馬、それは何かの予感か?」

大久保の低い声に、龍馬が視線を向ける。

「そういやお前、勘だけはするどいもんな」

桂のその言葉に、龍馬がむっと不機嫌そうに口を結んだ。

「お前ら・・・勘だけって、なんだよ」

 

困難


ユキちゃんと一緒に霧里さんを訪ねた私は、これまでのことを話していた。

一通りを話し終えると、ユキちゃんが楽しそうに声を上げた。

「それじゃあ、想いが通じたってわけね」

頬の火照りを感じながらも、静かに頷きを返す。

視線を感じて見やると、霧里さんが黙ったまま私を見つめていた。

困難があっても・・・お嬢さんなら大丈夫でありんす」

小さく微笑む霧里さんの言葉に、なぜか鼓動が跳ねた。

まだ用事があるというユキちゃんと別れ、私は一人遊郭を後にした。

何だか霧里さん、全てを知っているようだった・・・・・・でも、まさかね

考えながら歩いていると・・・・・・。

橋の欄干から川を見下ろす誰かの背中に視線がとまった。同時に、その人がこちらを振り返る。

その人は私と視線が合うと、不愉快そうに目を細めた。

「まだちょろちょろしてんのか・・・」

戸惑いながら足を止めると、その人が呟くように言った。

「よっぽど巻き込まれたいのか、それとも・・・・・・」

その男性はこちらへ歩いてきて、すれ違いざまに、低く呟く。

死にたいのか

死にてえのか・・・・・・」

思わず息を呑み、身体が強張る。

「っ・・・・・・え」

(あの方は・・・・・・?それに、今の言葉はどういう意味なの?

 

ざわめき


幸せなのに、目尻から涙がこぼれていってしまった”その理由は、前回の”イケメン幕末◆運命の恋”をご覧ください。

そちらを見て頂くと、言わずもがなです。その流れで今回の話を見ると、羽咲ちゃんの切なさが伝わってきて、ついこちらまでウルッとしてしまいます。

そして、なんだか周りがざわついてきましたね。なにかが動き出してしまったような気配

たしか、新撰組と龍馬さんたちは、相容れない間柄でしたよね。ということは、これからイケメンの皆さんが対立していくのかしら・・・

羽咲ちゃんは、どちらとも仲が良いから複雑な立場に立たされそうで心配ですww

Ranking

Category

Tag Cloud

Archive