秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~4日目 ~婚約者候補~

婚約者候補


さっき目覚めた時の部屋に戻ると、私は力なくベッドに倒れこんでしまいました。

「大丈夫ですか、雨咲お嬢様」

そんな私を見て、執事の柊さんが心配して声を掛けてくれますが、もう少しさっきのイケメン4人について聞かせてもらうことにしました

親戚で幼馴染ということでしたけど、なんだか余所余所しい感じがしました。本当に彼らは私と親しかったのでしょうか?」

「私が弥一郎様に雇用されたのは、5年前のことなので、以前のことは知りません

なんて、言われてしまいました。あ、そっすか。w

「みなさん、いったい、どういう方たちなのですか?」

遥真様

遥真様は、いつも飄々としておられるので、本当はどういう方なのか、私も存じ上げません。ただ、非情に冷静な方だと思います」

一樹様

一樹様は、容姿も才能も、4人の中で、一番弥一郎様に似ていらっしゃいます。自分にも他人にも非常に厳しいです」

智流様

智流様は、いつも穏やかで、温厚な性格の方です。ただ、なかなか抜け目のないヤリ手でもいらっしゃいますね」

澪斗様

澪斗様は、見た目も性格も華やかで明るいです」

なるほど、皆さんの性格がほんのりと分かったような気がします。

そして私は、なぜ自分が行方不明になったのか質問してみました。

「昨日、空港へお嬢様をお迎えに行きましたところ、いっこうに姿をお見せにならずに・・・私はまず、誘拐を疑いました。」

誘拐といえば、身代金目的だと思われますが、あくまで私は養女なのに・・・ホワイ?

「あの、私は本当の孫ではないのですよね?血のつながったお孫さんが4人もいるのに、なぜ私に財産が?

「少し難しい話になりますが、よろしいですか?」

柊さんの改まったセリフに、私は心の中で居住まいを正します。

「弥一郎様は実の娘であるはずの四姉妹、つまり遥真様たちのお母様と長年、折り合いが良くありません。そのためでしょう」

・・・どこが難しい話なのかよく分かりませんが、とにかく事情があることは、分かりました。

「ところで、さっき、私は3億円で買われたという言葉がありましたけど、それはいったい・・・」

「ええ。婚約者としてお嬢様の代金を支払った方がいらっしゃるからです

ジーザス・・・。買われたという話は、本当に本当だったようです。w

「婚約者というと・・・」

私は柊さんにドキがムネムネしながら、尋ねました。すると・・・

誰だと思いますか?

誰だと思いますか?

 

見どころとおすすめポイント


執事の柊さんがイケメン4人のことを、わりと根掘り葉掘り教えてくれました。

雨咲お嬢様の執事なだけあって、雨咲ちゃんに親切してくれます。当たり前だけど、心強い。

みんなの職業は、前回聞いていたので、今回は性格を知ることができて、お相手選択の際の勉強になりましたね。

ただ、澪斗さんだけは、見たまんま過ぎて、ちょっとウケました。w

そしてそして、柊さんに「誰だと思いますか?」と尋ねられたところで、次回ドキドキワ・ワクワクお相手選択となりました。ウヒョ

Ranking

Category

Tag Cloud

Archive