逆転大奥~想ひ淫れて~6日目 ~淫らな指導~

淫らな指導


翌日――。

政務を終わらせた私の元へ、険しい顔をした信親様がやって来ました。ギク・・・

険しい顔の信親様

穂積 「昨夜、相馬の誘いを断ったそうですね。」

昨日の今日なのに、もう情報が出回っているなんて恐ろしいな、なんて思いながらも、私は正直に「はい・・・。」と答えました。

穂積 「相手として不満がおありなのですか?」

信親様は、どうも女ごころを察してくれないような事をおっしゃるので、ここは腹を割って話をしておこうと思いました。

宇咲希 「実は・・・をしてみたいとずっと思っているんです。」

けれど、信親様は、分かってくれず・・・

穂積 「恋がしたいというのなら、まずお世継ぎを産んでからになさってください。」

なんて、言うのです。

私は我慢しきれず、信親様に本音をぶつけました。

宇咲希 「普通の町娘なら、自然に出会って、恋に落ちて・・・、そうして子供を授かるものなのでしょうし、私もそういう人生に憧れます。」

すると、信親様が顔をしかめます。

穂積 「・・・これは良くない傾向ですね。大奥の愉しみ方を・・・、喜びを知れば、夢見がちな憧れもすぐに消え去るはずです。」

誘う信親様

穂積 「身をもってお分かりいただくためにも、私がその境地へ誘って差し上げましょう。」

おもむろに信親様が近づいてきます。

宇咲希 「何を、なさるんですか・・・?」

穂積 「ふっ・・・。分かるまで、そのままでいてください。」

宇咲希 「ん・・・!」

淫らな指導

 

見どころとおすすめポイント


前々回は浅岡に、前回は相馬に迫られたかと思えば、今回は、ななんと信親様が迫ってきたではありませんか!!

信親様は、ないと思っていたので、これはこれはビックリです。

浅岡のことについて、信親様に恋愛相談でもするのかと思いきや、いきなり快楽の指導が入るとは・・・!?

こういう、想定外のことをされると、かなり萌えますね。

人はどうして、こんなにもギャップに弱いのでしょうか///

信親様は厳しいけど、お世話係をしてくれるお兄さん的存在だと思っていたのに・・・っ

Ranking

Category

Tag Cloud

Archive